広島から見る 基地・岩国

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイがネバダでハードランディング Osprey NAVADA hard landing

<<   作成日時 : 2013/08/28 10:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日(27日)は11時40分 中国四国防衛局から岩国市に「本日午後、岩国基地を離陸し普天間に到着する可能性がある」という趣旨の連絡が入った。という情報をもとに岩国へ向った。

午後4時過ぎ、岩国基地北側の船溜りのところに到着。

「オスプレイの普天間行きは止になりました」との情報が入る。

岩国市に電話して確認すると、15時49分に「中止」の連絡が入ったとのこと。

それにしても、今まで中止の連絡をワザワザ入れてきたことが無い防衛の行動に何かあると感じ、報道関係者を逆取材した。

『Ospreyが NEVADA でhard landing』「エェッツ!?」『まだyahooニュースでは出ないよ。英語でさがしな』という情報が飛び込んできました。

携帯で探すには少々大変な作業です。そこでいつも情報交流している仲間に連絡『Osprey NEVADA hard landing』でニュースを探してくださいとお願しました。

午後5時半「米国時間の26日午後3時半ごろに事故は起きている。基地地外に胴体着陸、4人の乗組員は無事」という趣旨の連絡、夜になって、そして翻訳をしたと2人の知人からメールが届きました。

◇hard landing(ハード ランディング・硬着陸) → 航空機等が急激に降下した地面に叩きつけられる形で着陸すること

https://www.reviewjournal.com/news/military/aircraft-lands-hard-near-creech-air-force-base-4-crew-members-unharmed

クリーチ空軍基地付近で航空機が硬着陸、4人の乗員は無事

キース・ロジャーズ、ラスベガス レビュー・ジャーナル(By KEITH ROGERS LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL)

海兵隊の垂直離着陸機オスプレイが(米現地時間8月26日・月曜日)、通常の訓練飛行中にクリーチ空軍基地(ネバタ州)付近で硬着陸をした、と空軍及び海兵隊当局が同日に明らかにした。

サンディエゴ近郊のミラマー海兵隊航空基地第三海兵隊航空部隊所属のMV-22オスプレイを巻き込んだ午後3時38分に起こった事故に関して負傷者の報告はされていない。

「乗員は4人で、4人とも歩いて航空機を離れた」と第三海兵隊航空部隊のスポークスマン、アントン・セメロス大尉は述べた。

クリーチ基地の432部隊から月曜日遅く出された報道によると、空軍の(first responders)応答者は連邦当局と緊密に連携して現場を確保している」と言っている。

 クラーク郡消防局の地図によれば、オスプレイは国道95号線沿いでインディアン・スプリングズ付近、ラスベガスの北西48マイル、基地の北西3マイル辺りの公有地に着陸したようだ。しかしながら基地当局は、午後7時15分には硬着陸した地点について確認していなかった。

 セメルロス大佐によると、オスプレイはクリーチ基地を指令部とする遠隔操縦飛行演習と統合した訓練に参加していた。遠隔操縦飛行演習はクリーチ基地内の地上指揮室からコンピュータ操作で衛星を通じ無人機MQ1やRQ1プレデター、MQ9リーパーを遠隔操縦して行っている。

MV-22オスプレイは垂直に離着陸が可能であるが、2基のターボプロップは水平の位置に変更できるので固定翼機と同じように飛行できる。

セメロスは、月曜日に硬着陸したオスプレイの損害見積もりは出ていない、と述べた。2008年、MV-22は1機につき6千7百万ドルの価格だった。

彼は硬着陸に関する調査が「進行中」だと述べた。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイがネバダでハードランディング Osprey NAVADA hard landing 広島から見る 基地・岩国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる